厳選!医師向けビジネスローン6社

TOP > 医師向けのビジネスローンについて > 医者が資金を調達するならファクタリングよりビジネスローンがおすすめ

医者が資金を調達するならファクタリングよりビジネスローンがおすすめ

 医者の方々は、たまに資金を確保したいと考えています。
資金を確保する方法は色々ありますが、ローンが検討される事も多いです。
金融機関に相談した上で、融資を受けている医師の方々も少なくありません。
それだけでなく、売掛金を売却する方法もあります。
信用面が気になっている方々は、売掛金売却を検討している事も少なくありません。
いわゆるファクタリングです。
その売掛金買取という商品も悪くありませんが、調達額に関するデメリットがあります。
あくまでも売掛金の範囲内に限定されてしまいますから、あまり大きな金額を調達できないケースもあります。
ですがビジネスローンという商品であれば、比較的大きな額で融資を受けられるケースも多いです。
ですから大きな金額を調達したい時は、ファクタリングよりビジネスローンの方がおすすめという声もあります。

 ファクタリングは、確かに売掛金を早期に現金化できるメリットはあります。
そもそも診療報酬が支払われるのは、若干時間がかかってしまいます。
短く見積もっても、基本的には数ヶ月ぐらいかかってしまいますから、急ぎで資金が必要な時は間に合わない可能性もあります。
しかしファクタリングを活用すれば、診療報酬も早期に買い取ってくれる訳です。
信用面も気になるので、ファクタリングを検討している方も少なくありません。
しかしその商品は、売掛金以上の金額を調達する事はできません。
抱えている売掛金が3000万円の場合、3100万円や3500万円などで調達するのは困難です。
売掛金があまり大きくない時は、調達できる金額も限られてしまう訳です。
むしろビジネスローンにする方が、調達額も大きくなるケースがあります。

 というのもビジネスローンという商品の場合、売掛金の金額に左右される訳ではありません。
あくまでもクリニックの資産状況や返済力などが確認され、ファクタリングとはまた別の審査基準になる訳です。
ですからローン商品であれば、上述の3500万円などの資金を調達できる可能性もあります。
医療機器などを購入する時などは、やや大きなお金が求められるケースもありますから、かえってビジネスローンにする方が良い事も多いです。
ただしローンでお金を借りる以上、返済する必要はあります。
返済に遅れてしまいますと、色々面倒な状況になる可能性はありますから、注意が必要です。
逆に返済実績が優良であれば、金融機関から高く評価されるケースもあります。
返済は、ビジネスローンの大きなポイントの1つになる訳です。

カテゴリー

PAGE TOP