厳選!医師向けビジネスローン6社

TOP > 医師向けのビジネスローンについて > ビジネスローンで優遇される事が多い医者という職業

ビジネスローンで優遇される事が多い医者という職業

 特定の職業の方々は、優遇される事があります。
ビジネスローンもその1つで、医者の方々は優遇されるケースが多いです。
ところでビジネスローンという商品では、短期的に活用される事が多いです。
10年や20年など長期に渡って返済し続ける訳ではなく、数年ぐらいで返済するケースが多いです。
ある意味、キャッシングに似ている一面もあります。
キャッシングなどは、おおむね3年ぐらいで完済を目指すケースが多いですが、ビジネスローンも比較的短い期間で返済していく訳です。
しかし医者という職業の方々は、短期でなくても問題ないケースがあります。
金融業者の方が柔軟に対応してくれるので、比較的長い期間に渡る返済でも問題ないよう、サービスしてくれるケースが多いです。
しかも医師の方々は、金額も優遇されるケースがあります。

 そもそもビジネスローンという商品は、必ずしも十分な金額で借りられるとは限りません。
自分の希望額以下になってしまうケースもありますから、注意が必要です。
例えば設備投資のために、1000万円が必要だとします。
その資金を調達する為に、多くの方々は金融会社に申し込みをしていますが、1000万円借りられないケースも実際あります。
審査で落とされてしまう訳です。
1000万円は不可能でも、600万円なら可能と伝えられる事もあります。
しかし医者という職業の場合は、希望額通りで借りられるケースが多いです。
上記の例で言えば、600万円などでなく1000万円などでスムーズに借りられるケースが多々あります。
本人が希望すれば、1200万円や1300万円など多くの金額で借りられるケースもあります。

 なぜ医者の方々は優遇されるかというと、収入の安定性が期待できるからです。
そもそも金融会社としては、本人の返済能力を重視しています。
返済能力が少々微妙ですと、万が一の貸倒になる可能性もありますから、返済できるかどうかを多角的に確認する訳です。
そして医師という職業の場合は、収入は比較的安定している傾向があります。
需要がある仕事ですし、他の職業よりは収入の安定性が期待できるので、上記のように優遇されるケースも多いです。
また医師という職業は、収入の数字も比較的高めです。
アルバイト医師という働き方ですと、時給換算で1万円ぐらい受け取っている方も多いです。
ローンの審査は、年収とも無関係ではありません。
金融会社としては、その収入を高く評価していますから、優遇されるケースも多々ある訳です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP